JR西日本と5741株価の変動と投資のタイミング

UACJの5741株価についてですが、まず世界的な企業であることは頭に入れておいたほうが良いでしょう。古川スカイと住友系金属が合併してできた会社で、アルミの加工関連では世界第3位のシェアを握っています。株価指標を見ると、PERが18倍、PBRが1倍割れとなっていますから、妥当な株価だと言ってもよいでしょう。5741株価は、景気に連動する傾向があります。景気が回復すると株価は上昇し、景気が悪化すると株価が下落するという傾向があります。一般的な株価の変動だと言ってもよいでしょう。ですから、5741株価に逆張りで投資をするのなら、景気が悪い時に買い集めておくのが良いでしょうし、順張りで行くのなら景気が回復しつつある状態で買うのが良いと考えられます。

JR西日本はというと、もちろんですが景気の動向も影響しますが、それ以外にもいくつかの特徴があります。まず、景気が悪化した時にも業績が悪化しにくい傾向があります。交通というのはすべての産業に必要なものですから、少し景気が悪くなったとしても、倒産するほどの業績悪化は考えにくいでしょう。

もうひとつがインバウンド銘柄としての特徴です。JR西日本は旅行関連株と考えられます。ここ最近で海外からの旅行者が増えていることから、JR西日本の業績は良くなると予想されています。東京オリンピックまでは株価が上昇するのではないかとも言われていますから、投資のタイミングとしては適していると考えられます。ただ、すでに株価が上昇していますから、投資をする際には損切りの水準を適切に決めておくことは必要です。高値づかみをしないように、損切りルールは徹底しておくことをおすすめします。